3-5. 動作確認

3-5-1.動作確認方法

下記サンプルコードで動作の確認をすることができます。

import requests, datetime, json
TOKEN = 'ダッシュボードでAPIアクセストークンを発行しここに貼り付けます'
PRODUCT_ID = '商品ID'
URL = '動作確認するAPIのURL'
PATH = '動作確認するAPIのPATH'
def get_market_token(payload={}):
    url = 'https://sdk.tellusxdp.com/api/manager/v2/auth/token/'
    headers = {
        'Authorization': 'Bearer ' + TOKEN
    }
    r = requests.post(url, headers=headers, data=json.dumps(payload))
    if r.status_code is not 200:
        raise ValueError('status error({}).'.format(r.status_code))
    return json.loads(r.content)
def exec_api(url, token, payload={}):
    headers = {
        'Authorization': 'Bearer ' + token
    }
    r = requests.get(url, headers=headers, params=payload)
    return r.content
# マーケットトークン取得
# 商品の審査が完了するまで base_url の代わりに null を返します。
# なお、プロバイダ自身で発行を行ったトークンであれば、商品の審査が完了する前でも base_url を返します。
payload = {
    'product_id': PRODUCT_ID
}
ret = get_market_token(payload=payload)
if ret['base_url'] is None:
    ret['base_url'] = URL
# API実行
executed = exec_api(ret['base_url'] + PATH, ret['token'], {})
print('executed : {}'.format(executed))


3-5-2.確認手順

以下の手順にて、正しくAPIとgatewawayが動作しtellusマーケットと連携が確立しているか確認ができます

1.商品を仮登録しているアカウントでTellusのAPIアクセストークンを発行する。

2.APIアクセストークンと商品情報(商品ID)をサンプルコード(Python)に記載する。

3.サンプルコードを実行し、httpステータス200が返ってくれば成功です。

APIゲートウェイのログの一例


・成功時:

Nov 30 15:22:37 api-test tellus-market-sdk-gateway[3875]: time="2020-11-30T15:22:37+09:00" level=debug msg="Request count: xxxx" product_id=xxxx

・失敗時(商品IDの不備):

Nov 30 15:25:03 api-test tellus-market-sdk-gateway[3254]: time="2020-11-30T15:25:03+09:00" level=debug msg="Invalid product id xxxx" product_id=xxxxx

・失敗時(集計用APIキーの不備):

Nov 30 15:25:38 api-test tellus-market-sdk-gateway[3315]: time="2020-11-30T15:25:38+09:00" level=error msg="Count request error: Invalid Status Code 401 {\"detail\":\"不正なトークンです。\",\"code\":\"authentication_failed\"}" product_id=xxxx



次へ