【サンプルデータ】GOSAT/L3全球CO₂カラム平均濃度(SWIR)

  • 光学

環境省、国立環境研究所、JAXAが、共同プロジェクトで開発したGOSATに搭載のTANSO-FTSで観測し、全球の二酸化炭素濃度を算出したデータです。本データのバージョンは V02.98 (Bias corrected) です。

衛星(センサ)の情報
衛星 GOSAT
センサ TANSO-FTS
提供元 JAXA/NIES/MOE
衛星の運用期間 2009年~
センサの概要 ※1 ■瞬時視野 約10.5 km(直下観測の場合)
■観測点間隔 約150〜250 km (3点または5点モード観測の場合。特定点観測やサングリント観測を除く。)
センサの観測波長 ※2 Band1: 0.758 ~ 0.775 µm
Band2: 1.56 ~ 1.72 µm
Band3: 1.92 ~ 2.08 µm
Band4: 5.56 ~ 14.3 µm

※細かく知りたい場合はTellus Satellite Data Travelerで検索をして、それぞれのデータのシーン詳細をご覧ください。
関連URL
Tellus公開データの情報
Tellusでの公開状況(期間) 2022年1月~2023年3月
Tellusでの公開状況(地域) 日本
アジア(日本以外)
オセアニア
ヨーロッパ
北アメリカ
南アメリカ
アフリカ
購入要否 購入しなくても利用できる
利用可能な環境 ※3 Tellus外での利用可
データフォーマット GeoTIFF,HDF5
Tellus表示用COG ※4 あり
備考 L3データは観測点毎の温室効果ガス濃度データであるL2データに対し、Kriging法による空間内挿を適用したデータです。
利用例・参考記事 環境省に聞く、世界の環境観測のインフラとなる人工衛星GOSATシリーズとは
利用規約 https://www.tellusxdp.com/traveler/dataset/3187ca99-fe91-4a56-ba84-e1ef8422b8c3/

ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・新規登録

利用時の注意

  • ・Tellus環境内で作成した二次成果物は自由に利用いただくことができます。
    詳しくは こちら をご覧ください。
  • ・オリジナルデータ(データの一部、もしくは、オリジナルに復元可能な状態に変換したデータを含む)のTellus外への複製を禁止しているものがあります。
  • ・ご自身の環境などTellusで提供している環境外でデータを利用する場合は、一部ご利用いただくことができないデータや、ダウンロードを禁止しているデータがあります。詳しくはデータセット詳細をご覧ください。
  • ・商用利用の際は、別途アグリーメントが必要です。
    お問い合わせフォームへご連絡ください。

用語の参考情報

※1 センサの概要
衛星データのキホン~分かること、種類、頻度、解像度、活用事例~(宙畑)
※2 センサの波長
光の波長って何?なぜ人工衛星は人間の目に見えないものが見えるのか(宙畑)
※3 利用可能な環境
Tellus環境のみ:Tellus提供の開発/解析環境でのみ利用できます。
Tellus外での利用可:ダウンロードやAPIで取得し、ご自身の環境で利用できます。
※4 Tellus表示用COG
COG(Cloud Optimized Geotiff)とは?~メリット、適用データ、使い方~ Tellus v3.0から適用される新しいデータ形式に迫る!
オリジナルのデータから数値や投影法等、加工されている場合があります。