TellusTravelerでALOS全球数値地表モデル「AW3D30」の衛星データを公開しました!

ニュース

これまでTellus OSなどで標高データ「AW3D30(Ver.2.1)」を公開しておりましたが、この度、Tellus Travelerにて「AW3D30」のVer.3.2の公開を開始しました。なお、ダウンロードが可能となりました。

■ AW3D30 Ver.3.2 について

AW3D30は、水平解像度30m相当、高さ精度目標5mの標高データで高緯度地域もカバーされております。 こちらのデータはJAXAの「だいち」(陸域観測技術衛星 ALOS)に搭載されたPRISMのデータをもとに作成されています。

■ 解像度: 緯度・経度1秒 (30m相当)

■ 高さ精度:目標5m (標準偏差)

■ 関連URL:

- プロダクト概要説明
 https://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/jp/dataset/aw3d_j.htm

- オリジナルデータのフォーマット説明書
 https://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/jp/dataset/aw3d30/data/aw3d30v3.2_product_j_e1.2.pdf

※TellusOSや公開APIとはフォーマットが異なる場合があります。

aw3d_3.2.png
画像は日本地図にAW3D30 Ver.3.2を重ねた様子。富士山周辺。

Tellus Travelerの使用方法については利用ガイドをご覧ください。

▼ Traveler 利用ガイド - 公式衛星データの閲覧方法
 https://www.tellusxdp.com/ja/traveler-service/guide/traveler-how-to/2_traveler.html

また、TellusのHow to UseにてTraveler APIを用いて衛星データをダウンロードする方法をご紹介しております。
是非、ご活用ください。

▼ Traveler APIを利用し、シーンを検索して衛星データをダウンロードする
 https://www.tellusxdp.com/ja/howtouse/access/traveler_api_20220310_firstpart.html