ALOS-3相当データを公開しました。

ニュース

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2020年度中に打ち上げを予定している先進光学衛星「だいち3号」(ALOS-3)相当のデータ(分解能80cm/パンクロ、3.2m/マルチ)を追加しました。

世界においてALOS-3性能(分解能80㎝/パンクロ、3.2m/マルチ、観測幅70㎞)と同等の衛星が無いことから、試行的に閲覧・解析できるALOS-3相当のデータを準備しました。分解能80㎝のデータにより何が識別できるのか、また観測時期の異なるデータを比較することでどのような差分が出るのか、Tellus上で確認することが可能になります。

追加する「だいち3号」(ALOS-3)相当データについて
 ・公開エリア
  長野県長野市、福岡県福岡市、ベトナム/ハノイ(一部)、フィリピン/マニラ(一部)

 ・相当データの概要
  米国商業衛星観測データをもとに、分解能80㎝/パンクロ、3.2m/マルチにしたオルソ補正済みの可視光から近赤外までの6バンドのデータ

ALOS-3相当データの利用イメージ
image (9).pngimage (11).png