Tellus OSを使う【基礎編】

Tag

はじめに

本チュートリアルでは、Tellus OSの使い方の概要を紹介します。

Tellus(テルース)は、「宇宙を民主化する」というビジョンを掲げ、衛星データを利用した新たなビジネスマーケットの創出を目的とする、日本発のクラウド環境で分析ができるオープン&フリーなプラットフォームです。衛星と地上の複数のデータをかけ合わせ、新たなビジネス創出を促進するためのあらゆる機能を提供します。

OSbasic1_20200220_9.png

Tellusにアカウント登録をすれば、「Tellus OS」を無料で使用できるようになります。

本記事では、直感的に操作が可能な「Tellus OS」について紹介していきます。

Tellusアカウント登録をしよう

まずはアカウント登録をしましょう。Tellusのホームページへと移動してください。

tellusos1_002.png

「会員登録・ログイン」をクリックし、登録ページへと移ります。入力フォームに必要事項を記載して登録してください。

tellusos1_003.png

tellusos1_004.png

登録を済ませると、アカウント登録受け付けについてのメールがTellus(info@tellusxdp.com)から自動で配信されます。メールに記載されたURLをクリックし、登録を完了させてください。アカウント登録が完了した後にも、登録を完了したことをお知らせするメールが配信されます。

*メールが配信されていない場合には迷惑メールフォルダに格納されている可能性もあるため、ご確認ください。

これでTellus OSを使う準備ができました。再びトップページへと移動し、ログインを済ませ、Tellus OSを起動してください。画面右上のアカウント名をクリックするとTellus OSボタンが表示されます。こちらをクリックして起動しましょう。

tellusos1_005.png

起動すると、下のような画面が表示されます。Tellus OSを使用してみましょう。

Tellus OSのツールについて

Tellus OSの操作方法について学びます。

Tellus OSトップ画面

tellusos1_011.png

Tellus OSの画面を大まかに三つのエリアで区別して説明します。

マップエリアには、マップの描写と、タイムスケール、縮尺などの地理情報を操作する機能があります。

上部エリアには、地図検索バー、多角形作成ツールなどの機能があります。

サイドバーエリアには、衛星データの検索や外部データをインポート、内部データの書き出しなどの機能があります。プリセットからは解析済みのデータを選択できます。

マップエリア

tellusos1_012.png

マップエリアでは以下の操作を行うことができます。

① マップゾーン

現在表示しているマップの位置変更や表示領域の拡大縮小などが可能です。

② コピーライト

「c」ボタンをクリックすると、コピーライトが表示されます。

③ 地理情報

 - n進法選択:緯度経度の表示方法を「10進法」と「60進法」の2つから選択できます。

 - 経度緯度表示・検索:マップエリアにおいてクリックした位置の緯度経度を表示します。※以前は経度緯度を入力すると、指定座標へマップエリア移動することができていましたが、現在はできません。経度緯度を上部エリア①エリア検索で入力することで、指定座標へ移動することができるようになりました。

 - ズームレベル:表示されているマップのズームレベルを表示しています。ズームレベルは1から18まであります。データによりズームできる最大最小範囲が異なりますのでご注意ください。

 - 縮尺:表示されているマップの縮尺を表示しています。

上部エリア

tellusos1_013.png



① エリア検索

検索ボックスに閲覧したい地名や「経度,緯度,ズーム率」を入力すると、マップエリアに表示することができます。

② 拡大操作

現在表示しているマップの拡大が可能です。

③ 縮小操作

現在表示しているマップの縮小が可能です。

④ 図形・テキスト・登録ピン作成

図形ツールでは、地図上に計測図形の配置することで距離や面積などの計測を行うことが可能です。計測図形は、「線」「円」「矩形」「多角形」の4種類を作成することができます。作図した図形はGeoJSON形式で保存できます。テキストツールでは、マップエリアにテキストボックスを追加し、文字入力が可能です。テキストツールを選択したのち、テキストを配置したい場所をクリックします。登録ピンツールでは、指定箇所にピンを設置することができます。目印として使用することができます。作成した図形・テキスト・登録ピンはサイドバーエリアのシェイプフォルダ内に保存されます。

⑤ グリッド表示

地図上にグリッドを表示することが出来ます。グリッドは「タイル座標」、「メッシュコード」の2種類から選択可能です。地図上でクリックすると、その地点の座標とズームレベル、または、メッシュの種類とメッシュコードが表示されます。

tellusos1_014.png

⑥ ベースマップ選択

最背面に配置する地図のことです。ベースマップは「ベースマップ(OSM)」、「モノクロベースマップ(OSM)」の2種類から選択できます。

⑦ 2画面分割

1画面と2画面分割の切り替えが可能です。何かを比較したいときや見比べたいときにご利用ください。マイライブラリは2画面のうちアクティブになっている画面に対して操作することができるようになっているので、左右どちらかの使いたい画面をクリックしアクティブにしてから使用してください。

⑧マイツール

マーケットで販売しているアドインを購入すると、プルダウンで選択することができるようになります。

サイドバーエリア

tellusos1_015.png

サイドエリアは「マイライブラリ」と「キャプチャ」で構成されています。まずはマイライブラリをクリックしましょう。上図のように新しいパネルが右側に現れます。



① データ

地図上に表示する衛星データを選択することができます。

tellusos1_016.png

目のマークをクリックすると、初回の場合はデータの詳細ダイアログが表示されます。観測時刻やカタログ情報等の条件を指定して検索ボタンをクリックすると、条件に合ったデータを検索します。

tellusos1_017.png

続いて、検索結果の中から表示したいデータの「表示」ボタンをクリックすることで地図上に表示されます。

tellusos1_018.png

データが表示されているか確認したい場合は、表示レイヤーの「中心へ移動」ボタンをクリックすると、データの表示位置に移動します。選択したデータを非表示にしたい場合は、表示レイヤーの「削除」ボタンをクリックします。

tellusos1_019.png

データ表示後に目のマークを再度クリックすると、データの表示/非表示の切り替えが可能です。表示がオンになっている場合、そのデータ直下に不透明度を示すスライダーが出現します。バーの値を100%にすると(不透明度を100%)、データをマップ上にはっきりと描写できます。バーの値は直接数値で入力することもできます。おすすめは80%です。ちょうど画像がはっきり見えつつ、地図も見えます。

tellusos1_020.png

Credit: (c) DigitalGlobe, Inc.,NTT DATA Corporation



iマークを押すと、データの詳細ページに遷移します。このページでデータセットの基本情報が確認できます。 「詳細」ボタンをクリックすると、目のマークを初回にクリックしたときと同じく、左側に検索条件入力または検索結果、右側に表示レイヤーが表示されます。今度は表示しているレイヤーの描画設定を試してみましょう。

tellusos1_021.png

バンドの組み合わせでは、RGBに任意の衛星バンドを割り当てることもできます。

tellusos1_022.png

さらに、衛星データによってはバンド合成のためのプリセットが用意されているものもあります。バンド合成プリセットを用いれば、容易に特定の対象物を際立たせた衛星画像を作成することが可能です。

tellusos1_023.png

ALOS-3のバンド合成プリセット「NDVI」を利用して合成した衛星画像になります。

tellusos1_024.png



② インポート

GeoJSONやShapefile形式のデータをTellus OSへ読み込むことができます。プラスのアイコンを選択すればインポート、その右隣のアイコンを選択するとデータの書き出しが可能です。

tellusos1_025.png

Credit: (c) DigitalGlobe, Inc.,NTT DATA Corporation



③ シェイプ

配置してある図形の表示/非表示の切り替えや名称変更、削除ができます。また、GeoJSON形式で書き出すことが可能です。

例えば、Tellus OSで衛星データを見て特徴的なエリアを多角形ツールで囲って書き出し、QGISなどのツールで読み込むといったことが可能です。

tellusos1_026.png

図形の書き出しはマップエリアのシェイプ自体をクリックすることでも可能です。表示されるウィンドウで線の色や太さを変更したり、備考でコメントを入れることも可能です。

tellusos1_027.png

④ キャプチャ

表示中の地図・データをpngファイルとしてダウンロードできます。これらの画像データは「四角形」、「円形」、「画面全体」の3種類から選んで保存できます。

tellusos1_028.png



キャプチャ(円)を選択した様子。点線で示された円が表示されていることがわかります。



以上でTellus OSを使う基本的な準備は整いました!

衛星データをOS上でどんどん利用してくださいね!