開発環境で衛星データを扱う場合、Tellus上でどのような加工をしたデータが利用できますか?

Tellusでは衛星データについて、大きく2種類の形式で提供しています。

「標準処理データAPI」と「タイル画像API」です。

①標準処理データAPI

衛星データのプロバイダから提供を受けたままの衛星データを呼び出せるAPIとなります。

「標準処理データ」とは、元の衛星データを提供している機関・企業が、通常提供している処理形式で提供されるデータのことで、データによって具体的な処理の内容は異なります。

https://www.tellusxdp.com/ja/faq/purchase/20210901_003.html

②タイル画像API

Tellusにおけるタイルとは、インターネットブラウザ上でデータを可視化できるツール「Tellus OS」で表示をする際に用いるデータ形式です。

ブラウザ上で表示させることを優先させるため、オリジナルのデータに比べると、一部情報量が少なくなっているものもあります。

https://www.tellusxdp.com/ja/faq/purchase/20210901_002.html

なお、APIの利用についてはTellusにて提供している開発環境が必要となります。 開発環境の利用をご希望の方は、お問い合わせください。